Magicianオジリー2.JPG

オジリー

OZILY

クラスに1人は必ずいる"ムードメイカー"。

ずっとそんな存在に憧れつつも、現実はそうも上手くはいかず、もの静かに高校生活を送っていた。また、幼い頃よりひたむきに取り組んできた柔道家としての活動は怪我が原因で引退することになってしまう。

その後 大学進学を期に、周りの人たちを楽しませられる人間になりたい!という想いは膨れ上がり、そのために自分自身の性格を磨き上げていく。

それと同時に 柔道で負った怪我のリハビリとして始めた「トランプを掴む運動」も自ら難易度をどんどんと上げていき、独学でカードの扱い《ギャンブラーズテクニック》を会得するまでに到る。そしてその中でマジックというエンターテイメントの世界と出会い、自身もマジシャンとしてエンターテイナーの道を歩む決意をする。

感動で人の心を震わせるショーや、笑いの渦を巻き起こすパフォーマンス、圧倒的な不思議さを体現するという挑戦・・・。今、世界には各々の個性を輝かせた素晴らしいマジシャンが数多く活躍している。

そんな中 オジリーが目指している姿は

『不幸をどうでもよくするマジシャン』。

生きていく上では失敗や後悔をすることもあれば、理不尽なほどの不幸が降りかかることもやまない。しかしそんな時にこそ、心の救いとなれる存在=ムードメイカーが必要なのでは無いかという自身の体験を信念に掲げ、今日も全力でマジックショーを披露する。